秘書も厳しい時代になりました。


by 6k7hhp9vgs

母親の賠償請求を棄却=市の出生届不受理−離婚後300日規定訴訟・岡山地裁(時事通信)

 離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子と推定する民法の規定により、市が出生届を不受理としたのは違憲などとして、岡山県の女性が子を原告として国と同県総社市に330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、岡山地裁(古賀輝郎裁判長)は14日、請求を棄却した。
 訴状によると、女性は前夫から暴力を受け2006年から別居した。08年3月に裁判で離婚が成立する前、現在の夫との子を妊娠し、同11月に女児を出産。総社市は同月、民法の規定を理由に、現夫の子として出した出生届を受理しなかった。
 原告側によると、提訴後に現夫との親子関係を確認する裁判所の認知調停が成立。同市は出生届を受理し、女児は戸籍を取得した。
 市が当初不受理とした点について、原告側は「離婚訴訟で裁判所が前夫との長期間別居と夫婦関係の形骸(けいがい)化を認定すれば、現夫の子として受理すべきだ」と訴えていた。 

貴金属店に点検要請へ=多額窃盗受け、防犯対策検証−警察庁長官(時事通信)
クールビズ廃止を要望=夏の業績低迷で小沢環境相に−ネクタイ業界(時事通信)
桜井茶臼山古墳 副葬銅鏡が81枚に 卑弥呼時代のものも(毎日新聞)
本物が出るお化け屋敷? =26年の歴史に幕−東京・浅草花やしき(時事通信)
警官を平手打ち、体当たり…高松の新成人逮捕(読売新聞)
[PR]
by 6k7hhp9vgs | 2010-01-16 01:32